ぷららからのお知らせ

  2004年2月27日
2004年2月28日更新
2004年3月 1日更新
株式会社ぷららネットワークス

IP電話サービス『ぷららフォン for フレッツ』での
メンテナンス・障害時における発信方法について
 平素、IP電話サービス『ぷららフォン for フレッツ』をご利用いただき、誠にありがとうございます。
 『ぷらら メンテナンス・障害情報』に掲載させていただいております通り、『ぷららフォン for フレッツ』において、 2004年2月26日(木)16:40分〜2月27日(金)4:00の期間、及び、2月27日(金) 9:30〜2月28日(土)14:12の期間にシステム障害が発生しました。ご迷惑をお掛けいたしました。
 メンテナンス・障害時には、『ぷららフォン for フレッツ』から発信できないため、メンテナンス・障害時における発信方法につきましては、下記の通りの代替手段がございます。お客様のご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。



 『ぷららフォン for フレッツ』の「電話のかけ方」より抜粋:
  http://www.plalaphone.com/flets/kakekata.html

 IP電話対応機器に接続された電話機にて、最初に「0000」(ゼロ4回)をダイヤルすることにより、明示的に加入電話から発信することができます。 ぷららでのメンテナンス・障害時、または、NTT東日本・NTT西日本のフレッツ網でのメンテナンス・障害時の代替手段としてご利用下さい。

サービス種別 ダイヤル手順 発信者番号通知 通話料金請求元
IP電話
から発信
050-XXXX-XXXX
080-XXXX-XXXX
090-XXXX-XXXX
03-XXXX-XXXX 等
IP電話(050)番号 ぷらら
加入電話
から発信
0000-050-XXXX-XXXX
0000-080-XXXX-XXXX
0000-090-XXXX-XXXX
0000-03-XXXX-XXXX等
加入電話番号 お客様がご契約されている電話会社
(NTT東日本・NTT西日本等)


※なお「0000」(ゼロ4回)をダイヤルしても加入電話から発信できない場合には、以下をご確認下さい。
(1) IP電話対応機器の再起動:
 IP電話対応機器の電源を入れなおして、IP電話対応機器を再起動して下さい。

 上記(1)を実施しても加入電話から発信できない場合には、 下記(2)をご確認下さい。

(2) IP電話対応機器及び電話機での「回線種別」の設定:
 IP電話対応機器及び電話機の設定で「PB(プッシュボタン)」「DP(ダイヤルパルス)20」「DP(ダイヤルパルス)10」等が正しく設定されているか、ご確認下さい。 IP電話対応機器及び電話機での「回線種別」の設定方法は、各々の取扱説明書をご参照下さい。



備考:
 『IP電話サービス障害のお詫びと経過報告』 http://www.plala.or.jp/access/topics/04_feb/20040228.html
 『ぷらら メンテナンス・障害情報』 http://www.plala.or.jp/access/living/shogai/
 『「ぷららフォン for フレッツ」メンテナンス・障害情報』 http://www.plalaphone.com/flets/mainte.html

以上

「ぷららフォン」総合トップへ



Copyright 2004 Plala Networks Inc. All rights reserved. ぷららロゴ